« 東北新幹線経由(新幹線都区内・りんかいフリーきっぷ) | トップページ | 新幹線に乗れる硬券(その9)(大井川鐵道・家山駅1) »

2012年5月 9日 (水)

新幹線に乗れる硬券(その8)(大井川鐵道・駿河徳山1)

新幹線に乗れる(経由に新幹線を明記する)硬券を発行している鉄道会社は、皆さんご存じのとおり岳南鉄道の他に大井川鉄道、北近畿タンゴ鉄道などがあります。今日は、大井川鐵道の乗車券をご紹介します。

駿河徳山駅発行の新横浜ゆき硬券です。

Photo
駿河徳山駅で、当初「新横浜まで」と言ったところ「ない」と返答されました。「横浜」ゆきならあると言われまして、確かに券箱には「横浜」と書いてあります。しかし、大井川鐵道はそもそもJR東日本と連絡運輸は行っていないと思うので「横浜ゆき」は発行できないと思います。とにかくも、無事入手できたわけですが、それほど発行実績が少ない券だといえます。これが裏面です。また、接続駅の金谷-新横浜間は営業キロベースで184.1kmであり、ぎりぎりで市内制度は適用されません。

Photo_2
社名が旧社名の「大井川鉄道」になっていたり、裏面に何本もチェックが入っていたり、相当売れていないことがわかります。

本記事は、無人快速怪人マクハリ行さんの記事にトラックバックさせていただきました。

« 東北新幹線経由(新幹線都区内・りんかいフリーきっぷ) | トップページ | 新幹線に乗れる硬券(その9)(大井川鐵道・家山駅1) »

中部甲信越 民鉄」カテゴリの記事

新幹線に乗れる・・・」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
しばらくblogの更新が滞っていて遅くなってしまいましたが、こちらからもトラックバックさせていただきました。
私の場合は券箱に書いてあった通り「横浜まで」とお願いししたら「新横浜ですけどいいですか」?と言われました。
裏面のチェックが3本も入っているということは相当売れていなかったんでしょうね。

4月にこの券を買いましたが、券番は0123でした。新横浜ゆきは井川にもあるそうです。

無人快速さま、こんにちは。トラックバックありがとうございます。
コメント遅れまして、申し訳有りません。私の場合と逆ですね。
どちらにしても、券箱の記載と券面が異なるのは、混乱を招きますが
それほど売れていない、ということでしょうか。。。
設備してあるのが、疑問ですが。

こんにちは。コメントありがとうございます。
4月ということは、半年で2枚売れたということですね。
とても、常備券の売れ行きとは思えない進み方ですね。
補充券で十分なような気もしますが。。。
井川にもあるということは、初めて知りました。
これまで、遠くてアプトラインには行っておりません。
これで、井川には少なくとも都区内行きと新横浜行きで
2回は行かないと。。。(長距離券は、実乗を原則としています)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583644/54666954

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線に乗れる硬券(その8)(大井川鐵道・駿河徳山1):

« 東北新幹線経由(新幹線都区内・りんかいフリーきっぷ) | トップページ | 新幹線に乗れる硬券(その9)(大井川鐵道・家山駅1) »