北海道・東北 民鉄

2012年4月16日 (月)

新幹線に乗れる民鉄端末券 その1(阿武隈急行 その1)

 阿武隈急行は福島と槻木を結ぶ第3セクターで、旧国鉄丸森線を継承した後、独自に延伸開業しました。切符的には、端末券と券売機券が中心となり、あまり面白くありません。しかし、現時点では端末が熱転写のため、感熱となってしまったマルス券と比べると収集意欲がわきます。残念ながら、入場券が発券できないのが痛いのですが、JRとの連絡運輸範囲が比較的広いため、新幹線に乗れる転写券を発行することができます。新幹線に関係する連絡運輸範囲は、福島県・宮城県内の東北本線と対応する新幹線駅+宇都宮・大宮・東京都区内です。
 まずは、卸町発行の宇都宮行き端末券です。
Photo
「経由 福島」があるだけです。まあ、JR線内は東北線以外の選択肢はほぼありません。地紋はオリジナル地紋です。阿武隈急行の福島県内駅発行の端末券は、裏が白で自動改札には対応していません。
 宮城県内の駅発行の端末券は、仙台地区に自動改札が導入されているため裏面が黒い磁気券となっています。そうなると、気になるのは新幹線の自動改札に対応しているかどうかです。さて、角田駅発行の東京都区内ゆきです。
Photo_2
ご覧の通り、新幹線自動改札に対応していました(^^)/。新幹線の乗れる民鉄端末券は以外と少なく、小田急のSR端末券、伊豆急行、伊豆箱根、箱根登山、IGRの盛岡接続あたりでしょうか(他にもあるかもしれません)。近鉄のJR長距離連絡乗車券は、端末で発行できるのでしょうか。転写券となると、阿武隈急行以外ではIGRの盛岡接続一ノ関だけではないでしょうか? しかも、「東京都区内」が発行できて[区]の標記がある券は結構貴重な気がします。
 マルス券と比較すると、券種の表記が「普通乗車券」となっているところも補片の様で特徴かと思います。